バイトで一般常識を身につける

何事にも、初めての体験というのはあるものです。今は社会人としてキャリアのある人も、初めて仕事に関わった時があると思います。初めての仕事が、バイトであったり社会に出てからの仕事であったりと状況は異なりますが、誰もが同じ体験をしています。学校や家庭・友人や家族としか人間関係を築いていなかった人がいきなり仕事に関わることで、大きな衝撃を受けるでしょう。
まず、仕事に対する責任です。これは、社員でもバイトでも変わりはありません。そして、仕事の成果も同じです。働く立場が違っても、仕事に向き合う姿勢や成果というものは同じレベルのものを求められます。しかし、最初から何事も問題なくできる人はいないのです。例えば事務職の場合、電話の取り方・対応の仕方・挨拶の仕方・メモの取り方などは、職場で教わるものではありません。これらのことは、一般常識としてできて当たり前といった周りの意識があるので、できなければ先々の仕事で信用を持ってもらうまでに時間がかかってしまいます。そのため、社会へ出る前にバイトなどで経験を積んでおくのがおすすめです。
初心者におすすめのバイトとして、高校生であれば接客業があります。接客業は、人への接し方を学ぶことができるのです。他にも、初心者におすすめのバイトは多くあります。短期間のバイトを探しているのであれば、データ入力や電話オペレーターがおすすめです。このバイトでは、言葉使いやメモの取り方などを学ぶことができます。
このように、職種によって学べることは違ってきます。それぞれの職場で学んだことが他の職種でも生かすことができるのも、経験が大きく影響しているのです。大切なのは、素直に教えてもらうという姿勢ではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です